東京の医学部予備校選びのポイント

長時間の自習室利用が気兼ねなくできる

一人一人に最適な指導をプロからマンツーマンで受けることができるので、学習効果が高いという特長があります。
カリキュラムも学力とか志望校に合わせて個別に組まれているので、確実に志望校を狙った実践的な対策を受けることが可能です。
こちらのポイントは、講師から学ぶだけではなく、試すとか習得をするという3段階で1コマになっているので一度の授業で完全学習ができるようになっています。
1対1のマンツーマン授業なので、個別ブースで坂書を交えながら本格的個別指導を受けることができます。
理解度に応じて進んでいき、適切な解説とか課題も提供してもらえるので安心です。
さらに個別ブースの自習室とか質問専任チューターなど最適な学習サポート環境が用意されています。
より集中をしたいということであれば、寮に入ることで最適な学習環境手に入れることができます。
その他には東京のプロメディカスも人気が高いです。
ここは一人一人にきちんと目が届くように、一つの授業には8名までの完全少人数制クラスが採用されています。
医学部受験に強いプロの講師がいますし、きめ細やかな指導によって講義での学習効果を高めてもらえます。
内容が濃いマンツーマン指導も年中無休でおこなわれているという特長があります。
質問がしやすいように専任教員制になっています。
講師は一教科のみの担当なので、解説とか指導が的確ですし少人数制なので分からないところも質問しやすいです。
個人専用の自習ブースが用意されていて、長時間の自習室利用が気兼ねなくできるようになっているというメリットもあります。
ここも年中無休でつかえるので、いつでも勉強に集中できます。

俺が浪人して失ったもの
・視力(2.0→0.1)
・小中高の友達(疎遠になった)
・大好きな彼女(浪人決まって別れた)
・貯金(予備校代に全部使った)
・自信(失敗が多すぎのため)
・コミュ力(宅浪2年間のため)

俺が浪人して得たもの
・医学部合格

うーん、ギリ±0!w

— れまる (@remaru_iii) February 11, 2020

選ぶ際に大切なポイントは合格実績とか学費という客観的な基準学費が高いほど合格しやすいということは、絶対にない長時間の自習室利用が気兼ねなくできる

医学部 予備校医学部受験の予備校比較なら 医学部予備校ガイド