東京の医学部予備校選びのポイント

学費が高いほど合格しやすいということは、絶対にない

もちろん学費が高いほど合格しやすいということは、絶対にないです。
きちんと合格実績が明確にされていて、かつ学費が安い予備校を選ぶのが一番賢いといえます。
東京の医学部予備校ランキングで一位となっているのは、ACEAcademyです。
こちらは生徒別の合格実績が掲載されていますし、重複合格についても明確に掲載されているので安心感があります。
推薦入試と一般入試の合格も別で掲載されているので、騙される心配もありません。
外部の生徒向けに個別の対策とか二次試験対策などは行われておらず、合格者はすべて通年の受講者なので信頼性がきわめて高いという特長があります。
こちらは、実績のある医学部予備校の中では最も高い学費となっています。
入塾金は5万円で、再受験生とか浪人の場合は月額10万円です。
通信生だと、入塾金は無料で月額が3万円となっています。
こちらは、講習代とか個別指導代などの追加料金は一切ありません。
例年難関大学への合格者が多いですし、医師が運営も指導もしていて第1候補として考えている人は多いようです。
ランキング2位となっているのは、医学部&東大専門塾クエストです。
こちらは二次試験の合格実績だけが掲載されています。
でも個別対策とか二次試験対策での結果を含んでいるのかは不明となっていますし、推薦入試の方が含まれているのかも不明となっているので注意が必要です。
年間の学費は180万円で、二番目に高い学費となっています。
ランキングにのっていなくても人気が高いところは多くあります。
その一つにメディカルラボがあり、ここは完全個別の授業とカリキュラムで無駄なく指導を受けることができます。

選ぶ際に大切なポイントは合格実績とか学費という客観的な基準学費が高いほど合格しやすいということは、絶対にない長時間の自習室利用が気兼ねなくできる